YouTubeのエンドカードを作ろう

公開日:2020.11.21

エンドカードとは何か

エンドカードとは何か

エンドカードとは何か。YouTubeに投稿された動画の最後に表示される、他の動画の紹介やチャンネル登録ボタンがある画面のこと。私はゲーム実況くらいしか見ないけれど、毎日投稿している方だったら大概は設定しているであろうアレです。

好きなゲーム実況者の個人名を挙げるとよくないかもしれないので、任天堂公式チャンネルの「よゐこの○○で○○生活」を例として挙げておきます。

エンドカードは動画の再生数やチャンネル登録数が増える要素のひとつだそうです。お部屋にさりげなく置いてある小物のように、アレンジしやすく変化が分かりやすい部分なので、複数パターン用意してローテーションしてみたり、動画の内容によって変えてみるのもいいのではないでしょうか。

どんな仕組み?

エンドカードはどんな仕組み?

実際に設定してみるまで、動画の中にどうやってリンクを仕込むのか謎でした。その仕組みを知りたくて、動画にエンドカードをつけてみようと思ったくらいです。

各リンクの設定は動画制作の際にどうにかするのではなく、YouTube上にアップロードしてから設定します。動画に後からエンドカードとして動画や画像をくっつけるのではなく、アップロードした動画とリンクの設定がひとつになっている部分がエンドカードと呼ばれているという感じ。

どこに何を表示するかはYouTube上で後から設定するため、動画制作段階で気をつけることは、それ用の画像や動画を動画内に入れておかなければならないということ。例えば、エンドカードを15秒間表示したいなら、動画の最後の15秒間はエンドカード用の画像や動画にする必要があります。エンドカードの制作で気をつけることは、次の項目を参照ください。

エンドカード制作の難しいところ

エンドカード制作の難しいところ

図は私の失敗例です。リンクを設置できる範囲が決まっていることを把握せずに制作してしまい、作り直す羽目になりました。

リンクが設置できる範囲はストライプのアミの部分のみ。この仕様を知らないと図のようなミスが発生してしまいます。リンクに合わせて文字を入れる場合、絶対に気をつけなければいけないポイントです。

公式でエンドカードのテンプレートが用意されていないようなので、動画投稿の経験がない場合はこの仕様が分かりづらいというのが、エンドカード制作の一番の難点だと思います。次いで、動画やチャンネル登録アイコンの大きさが不明で枠があるデザインを作りづらい、といったところでしょうか。

テンプレートを作ってみました

エンドカードのテンプレートを作ってみた

上でも書きましたが、YouTube側でエンドカードのテンプレートが用意されていないようなので、設定画面を参考にテンプレートを作ってみました。よろしければご利用ください。

ダウンロードはこちら
【AI形式】【PSD形式】【PNG形式】
※AI形式は大抵の環境で開けるよう、CC2020で作成→ver10で保存しています。
※PSD形式はIllustratorから書き出したものです。
※PNG形式は背景透過です。

※テンプレートについてのお願い
今後、必要に応じて修正・改良する可能性がありますので、テンプレートの無断転載・再配布はご遠慮ください。

お品書き

Graphic/YouTube
2020.11.21
Graphic/Movie
2020.11.07

メモを書いた人

さかがわまな[Mana SAKAGAWA]

好きなことを気ままにやっていくスタイル。良くも悪くも自分の作風を変えないのが創作の方針。イラスト・キャラクター・4コママンガ・音楽制作など。

当サイトで使用している挿絵や図はすべてさかがわまなの制作物であり、それらに登場しているキャラクターはさかがわまなの創作作品の登場人物です。創作作品については本館『まにまにスタジオ』をご覧ください。

ご意見・お問い合わせなどはinfo★mana-s.com(★を@に変えてください)、またはTwitterまでお願いいたします。