ぷらすま

あらすじ

「取り憑いていた」と主張する服部まみむと、彼女の友達だという炬口圭介。陽気な幽霊が家族に加わり、主夫のような生活を送る不登校の中学生・怡土由津紀の日常に変化が訪れる。

作品概要

『ぷらすま』は、2018年に発足したプロジェクト。『くるくるさん』の5年前の物語。各投稿サイトにて、動画マンガまたはそれをまとめた静画を不定期で投稿予定。

登場人物:怡土家

表情がない少年
怡土由津紀(いと ゆづき)

まみむと圭介の登場により、幽霊が見えることに気付いてしまった少年。怡土家の家事全般を担う。パッと見、個性はあまりないが、なんだか謎が多い人物。

飛べない幽霊
服部まみむ(はっとり まみむ)

ちびっこ幽霊。小学生くらいの身長だが、大人。由津紀が初めて出会った幽霊。飛べない、物に乗ることができるなど、幽霊としては妙な特徴を持つ。

でしゃばらない幽霊
炬口圭介(たけのくち けいすけ)

関西弁を話す幽霊。穏やかで優しい性格。ときどき、お父さんみたい。まみむのサポート役またはツッコミ役に徹している。由津紀より小柄かつ華奢。

分からない存在
ウイ

フランス語を話す女の子(?)。とにかくよく分からない存在だが、どうやらお花が好きみたい。名前は圭介につけられた。いつもじっと由津紀を見ている。

悪気がない妹
怡土美由紀(いと みゆき)

由津紀の妹。由津紀と違って幽霊が見えない様子。「お兄ちゃん」と呼んではいるものの、兄を便利な存在だと思っている。将棋教室に通っている。

休まない母親
怡土由里恵(いと ゆりえ)

由津紀と美由紀の母親。由津紀と違って幽霊が見えない様子。仕事が忙しく、朝早く出かけたり夜遅く帰ってきたりする。そのため、家事はあまりしない。

『ぷらすま』テーマソング/プロローグ 『ゼロ』